組み込みオブジェクト

組み込みオブジェクトとは

  • 関数と同じくオブジェクトの場合も、JavaScriptがあらかじめ用意しているオブジェクトがあります
  • これを「組み込みオブジェクト」と呼びます

《主な組み込みオブジェクト一覧》

オブジェクト名説明
Objectすべてのオブジェクトの元となるオブジェクト
Date日時操作機能を持つオブジェクト
Math計算機能を持つオブジェクト
Array配列操作機能を持つオブジェクト
String文字列操作機能を持つオブジェクト

Objectオブジェクト
  • 波括弧で初期化したオブジェクトは、Objectオブジェクトになります
  • よって、連想配列は「Objectオブジェクト」です
  • すべてのオブジェクトは、この「Objectオブジェクト」を元にして作られています
  • 「Objectオブジェクト」が持つプロパティとメソッドはすべてのオブジェクトで利用することが可能です
Dateオブジェクト
  • newキーワード(演算子)を使い、新しいオブジェクトを作成する
  • Dateコンストラクタを引数なしで実行すると、現在の日付時刻を管理する「Dateオブジェクト」が生成される
  • JavaScript Date をコンストラクタではない状況 (すなわち new 演算子を伴わない) で呼び出すと、現在の日時を表す文字列が返ります
  • 生成されて利用可能になったオブジェクトのことを「インスタンス」と呼びます
  • つまり、Dateオブジェクトは、日時データとそのデータを調べたり設定したりする機能をまとめたもの
  • GMTGreenwich Mean Timeグリニッジ標準時
  • UTCCoordinated Universal Time協定世界時)-原子時計によって決定される
  • JavaScript の日時は、UTC の 1970 年 1 月 1 日 0 時からのミリ秒としてで計られます
  • 1 日は 86,400,000 ミリ秒です
  • JavaScript の Date オブジェクトの範囲は、UTC の 1970 年 1 月 1 日に対して -100,000,000 日から 100,000,000 日です
  • JavaScript の Date オブジェクトは、地方時方式はもちろん、UTC (世界時) 方式の値もサポートします
  • グリニッジ標準時 (GMT) としても知られる UTC は、世界時標準によって設定される時間を指します
  • 地方時は、JavaScript を実行しているコンピュータ(実行しているパソコン)からわかる時刻です
現在の日付時刻を管理するDateオブジェクトを生成
  • 指定した時点で日付時刻を管理するDateオブジェクトを生成するには、年(西暦4桁)、月、日、時間、分、秒をそれぞれ別々の整数値として引渡します
  • 時間は24時間制で指定
var now = new Date();
Dateオブジェクトのメソッド
  • いったんDateオブジェクトを生成すると、あらかじめ用意されている日付時刻操作のメソッドが使用できる

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/w/web-css-design/20120708/20120708143249.jpg

現在の日付日時を管理するDateオブジェクトを生成する
  • Dateオブジェクトをそのまま document.write()メソッドに渡すと、toString()という「オブジェクトのデータを文字列形式に変換するメソッド」が自動的に呼び出される
<script>
var now;
now = new Date();
document.write('<h1>', now, '</h1>');
</script>

Mathオブジェクト

  • Mathとは「数学(Mathematics)」の意味
  • 数値演算に便利なメソッドやプロパティが利用できるオブジェクト
  • まえもってインスタンスを生成する必要はありません
  • スタティックメソッド(インスタンスを生成しないで関数のように使用できる)

Math . メソッド名(引数1, 引数2, ・・・)

developer.mozilla.org

メソッド
  • メソード (method) とは、方法、方式のこと
  • メソッドとは、オブジェクト指向プログラミングにおいて、各オブジェクトが持っている自身に対する操作のこと

メソッド説明
abs() 絶対値を戻す
exp() eの引数乗の値を戻す
ceil()引数を下回らない最小の整数を戻す
floor()引数の値を超えない最大の整数を戻す
log()引数の自然対数を戻す
max()引数の中で最も大きい値を戻す
min() 引数の中で最も小さい値を戻す
pow()第1引数の第2引数乗の値を戻す
round()引数の少数部分以下第1位を四捨五入した値を戻す
random()0から1未満の間の乱数を戻す
sin()サイン(正弦)を戻す
cos()コサイン(余弦)を戻す
tan()タンジェント正接)を戻す
asin()アークサイン(サインの逆関数)を戻す
acos()アークコサイン(コサインの逆関数)を戻す
atan()アークタンジェントタンジェント逆関数)を戻す

randomメソッド

  • 乱数を戻すメソッド
  • 乱数とは、無造作に選ばれる数のこと
<script>
for( var i=1; i<=10; i++ ) {
  var rnd= Math.random();
  console.log( rnd );
}
</script>

f:id:web-0220:20180716223100p:plain

乱数を整数表示
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>乱数の実験</title>
</head>
<body>
<h1>乱数の実験</h1>
<script>
MAX = 10;
var num;
for (var i=0; i < MAX; i++) {
	num = Math.floor(Math.random() * MAX + 1);
	document.write(num + '<br>');
}
</script>
</body>
</html>

演習

  • 画像5枚を、閲覧するたびにランダムに表示させなさい(サイズ、適宜)

求職者支援訓練 フェリカテクニカルアカデミー