デザイナーズマインド

デザイナーズマインド

  • デザイナーズマインドとは、デザイナーとしての心構えです
  • いまの時点からデザイナーとしてのデザイナーズマインドを心がけましょう

f:id:web-images:20171110042600p:plain

好奇心・チャレンジ精神・柔軟性
  • 常にアンテナを張り意欲的に新しいことを吸収し、その中で発見した新しい表現方法やテクニックは、固定概念にとらわれずに貪欲に吸収し挑戦する
  • 1つのテーマに対して、さまざまなパターンを考えるバランス感覚と柔軟性をもつ
表現力・ボキャブラリー
  • イメージや状態を的確に説明するためには、豊かなボキャブラリーと表現力が必要
  • たくさんの情報やニーズを整理し、具体的に表現するアウトプット能力を身につける
研究・努力
  • 良い成果物を作るために、努力や研究・調査の手間を惜しまない
  • 自分に妥協せず、常に100%の力を出せるように努力する
自己管理・工程管理・時間感覚
  • 自分の健康状態の管理は必須
  • スキルや目標の管理も怠らない
  • 工数の管理をし、締め切り・納期などを常に意識できる時間感覚を持つ
全体感
  • 細部にこだわりつつも、全体感を忘れない
  • 作業に入っても、コンセプトや目的から離れていないか常に意識する
コミュニケーション力・バランス感覚
  • 他者(クライアント、パートナー、プロジェクトメンバー)とのコミュニケーションを大切にする
  • 情報やニーズを引き出し、吸収するインプット能力をもつことで、よりクライアントの目的ができるようにする
  • 様々な意見や考え方を意識し、力を合わせてプロジェクトを成功させるバランス感覚が重要

作業環境とデータの作り方

  • 良いデザイナーの仕事環境は整っていて、作業の順序や段取りも非常に良く考えられています
  • 無駄な作業をしないことが時間や工数の短縮になり、より多くの時間をアイデアに割くことができ、コスト削減にもつながります
  • 複数のメンバーで作業する場合や、次の工程を配慮したデータ作りをすることもプロとして重要なことです
  • 見た目が整っていても誰も修正できないようなデータは、良いデータとは言えません
よいデザインは、よい環境、よいデータ作りから
  • デスクの上、パソコンのデータ、筆記用具などの整理整頓
  • 特にパソコンのデータを整理することは、必須

全体の作業を見渡したデータ作り

  • ファイル名、フォルダー名の階層と命名規則
  • レイヤー名、スタイル名、スウォッチ名、アセット名など「共通」と「ユニーク」を使い分ける