Webページを表示する仕組み

Webページを表示する仕組み

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/css_design/20130612/20130612001418.jpg

Webページ
  • Webにおける文書の単位
  • 1ページあたりの分量はページごとに異なる
  • ひとつのWebページに URL(Uniform Resource Locator)が対応する
  • ブラウザのアドレスバーに URL を入れてアクセス
  • Webページの中には、テキスト(文字)・画像・音声・動画といったコンテンツが含まれる

HyperText Transfer Protocol(http)
Webページの実体
  • ある規則に従って記述されたテキストファイル
  • メモ帳などテキストエディタで編集可能
  • 特定の編集ソフトを必要としない
  • その規則さえ分かればWebページを作成できる

Webの基礎知識

  • インターネット(インターネット・プロトコルを利用して、相互に接続されたコンピューターネットワーク)
  • プロトコル(コンピュータが通信する際の決まり)
  • WWW(World Wide Web、インターネット上のハイパーテキストシステム)
  • ハイパーテキスト(他の文書の位置情報を埋め込み、つなげる仕組み)
  • HTML(HyperText Markup Language、Webを表示するためのマークアップ言語)
  • URL(Uniform Resource Locator、インターネット上のリソースを指定するための場所を指し示す記述方式)
  • CSSCascading Style Sheets、HTMLの見栄えを修飾するために使用する)
広告を非表示にする

求職者支援訓練 フェリカテクニカルアカデミー